モヤモヤを乗り越えなきゃね術後6か月検診、2.CT検査と初めての骨塩定量検査

2022年08月03日

術後6か月検診、1.乳腺エコーで不吉なしるし?

今日8月3日は、以前から書いていたとおり、検査の1日めでした。(残りは明後日)

まずは乳腺エコー…なんですが、わたしの病院でも世間の例に漏れず、発熱患者さんらしき人々が病院の入口の外側で行列を作っていました。(椅子あり)

暑い中、熱があるのに日陰とは言え外とは辛いですね。

熱もないわたしが、快適な院内に先に入るのが、なんだか申し訳なく感じてしまいます。
(でも入りました。すみません。)


さて、予約時間どおりエコー開始。

上半身着衣無しで、万歳の姿勢…

右側から丁寧に見ているけど、全く技士さんの手は止まらず、すいすい進み、画面も、なだらかな波打つような砂漠みたいなものが続くだけ。

そして手術をした左側は…。

胸部は何事もなく、すいすい進みましたが、脇の下のリンパの(センチネルリンパ節生検をした)辺りで、手が止まりました。

ん?

出たな

なんか不吉な?印を付けられるやつ…。

画面を見ると、なんか付いてました。しるし。

うーん

無言で無表情で、ただ手を動かしながら画面を見ている技士さん。

『私には何も聞かないで』

というオーラがいつも出ています。

心配しなくても聞きませんから~(心の声)

そして鎖骨周辺も見ていました。
(ここでは動きは止まらず)

『はい、終わりました!
次はCTに行ってくださいね。』

昨日まで、なんだか悶々としていましたが、いざ検査を受け始めると、いま悩んでも仕方ないよね、と開き直ったわたしです。

IMAG4617




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
モヤモヤを乗り越えなきゃね術後6か月検診、2.CT検査と初めての骨塩定量検査