ショートカットが似合う?誰かが病に倒れると

2022年09月28日

まだまだ立ち直れていなかった

パソコンの勉強をしているスクールで、先日出た課題が、パワーポイントを使って任意のプレゼンテーションをする、というものでした。

数名のスクール生の前での発表で、決して大それた規模のものではありません。

課題が出された当初、わたしは、『乳がんの検診受診率について』
『乳がんの早期発見の為に』
など、何か乳がんに関する内容を、と漠然と考えていました。

発表を見てくれる人たちは、わたしより若い女性だから啓発にもなるし、何より、経験したことがベースだと、プレゼンテーションのストーリーが作りやすいと思いました。
(皆さんは、わたしが乳がん経験者だと知っています)

そして情報を確認しようとWebページを開き、いつものように検索を始め、
筋道を考える為にキーワードを抜き出しました。

乳がん
しこり
大きさ
ステージ
マンモグラフィ
超音波検査

などなど

いつも自分がブログに書いたり、検索したり、他の方のブログを読んだりしていて、しょっちゅう目にしている単語ばかりです。
(もう見慣れた単語です)

それなのに。

わたし、動悸がして、頭がクラクラしてきました。

その時の感情がこみ上げてきて、ものすごく悲しくなってしまいました。

わたしは、治療も終えて、ウィッグも外して、身体も心も日常に戻ったつもりでした。

でも、乳がんのことを客観的に捉えて、プレゼンテーションするところまで、心は回復していませんでした。

情けないな…。

まだまだなんだな…。

立ち直れていなかった。

確かにね、ちょうど1年前のことを、よく思い出す日々ではあります。

同じ景色を見ると、あのときの悲しい気持ちを思い出す。

いま元気なんだから、ありがたいよ、と思いながらも。

IMAG4659


#50代の生き方にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ショートカットが似合う?誰かが病に倒れると