検査で久しぶりの通院思い出すことの方が辛い

2022年10月11日

ついにウィッグを片付ける

約1年、お世話になったウィッグ3個を、昨日ついに片付けました。

いつものように、ウィッグ用のシャンプーとトリートメントを使って洗い、ウィッグスタンドに置いて丁寧にブラッシングをしました。

これが最後になる、はず。

最後になってほしいものだなぁ…。と思いながら。

ウィッグ無しでは、わたしの日常はあり得なかった。

ウィッグがあったから、外出出来た。

ウィッグがあったから、閉じ籠らずに生きてこられた。

ウィッグを見ると、この1年の闘病の日々が思い出されます。

つい数週間前まで、このウィッグはわたしの体の一部だったんだよなぁ。

とても愛着があるし、感謝の気持ちでいっぱい。

トリートメントしてあげると、相変わらずツヤツヤでなかなかの美髪です。

それでも

やっぱり、もうお世話になりたくないな。

薬の脱毛じゃなくても、もしかしたら加齢による頭髪の減少?で、ウィッグを使いたくなる日がくるかも知れないから、とりあえず処分はせず、しまいこむことにしました。

IMAG4734



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
検査で久しぶりの通院思い出すことの方が辛い