思うようにならない体1年3ヶ月ぶりに自転車に乗る

2022年10月24日

ただ長生きしたいわけじゃなく

友人たちは、健康に気をつけてウォーキングをしたり、食事内容を見直したり、もう還暦付近にいる世代としては当然のように、いろいろ心がけているようです。

それって、健康で長生きしたいから。
1日でも長く、自分の足で歩き、美味しいものを食べて楽しく平和に生きていたいから。

年金も、少しでも多く受け取りたい。
だから出来るだけ繰り下げるらしい。(遅く受け取る)
悠々自適、孫の成長を見届け、旅行を楽しんだり、充実した老後を過ごしたいから。

もっと言えば、

そうなりたい、そうなる。

と信じて疑わないから。

人生は何が起きるかわからないよ、と思ってはいても、自分や夫が大病をするなんて思ってもいないから。

わたしはもう、そんな彼女たちとは感覚がズレてしまっている。

ちょっとそれが寂しいな、と感じる。

あんなに運動もしていたし食事も気をつけていたのに、がんになったしなぁ。

年金だって、繰り上げで出来るだけ早く受け取ろうと思っている。

もちろん、投げやりに生きているわけではありません。

1日1日がいとおしく、大切な時間だと感じています。

でも、友人たちのように、将来を楽観視は出来ていない。

妙に現実的な自分がいます。

それでも将来は明るいと信じて、その努力を怠らないようにして生きることが、わたしをずっと支えてくれた夫に対して出来ることだ、とは思っています。

IMAG4751




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
思うようにならない体1年3ヶ月ぶりに自転車に乗る