乳がんサバイバーのひとりごと

2022年09月30日

誰かが病に倒れると

身近な人はもちろん、テレビで見るような人でも、病に倒れたというニュースには心が締め付けられます。

まして原因が、がんであったりしたら、もう、本当に悲しく重苦しい気持ちになってしまいます。

ぜーんぜん知らない人なのに。
(有名人だからこちらは名前と顔は知っていても)

ファンだったわけじゃなくても

がんの告知を受けた
がん治療をしている

それだけでも、応援したくなります。

ちよっとした仲間意識のようなものでしょうか。

今日も訃報がありましたね。

落語家さん。

心からご冥福をお祈り致します。


kotorist_ at 19:19|PermalinkComments(0)

2022年09月28日

まだまだ立ち直れていなかった

パソコンの勉強をしているスクールで、先日出た課題が、パワーポイントを使って任意のプレゼンテーションをする、というものでした。

数名のスクール生の前での発表で、決して大それた規模のものではありません。

課題が出された当初、わたしは、『乳がんの検診受診率について』
『乳がんの早期発見の為に』
など、何か乳がんに関する内容を、と漠然と考えていました。

発表を見てくれる人たちは、わたしより若い女性だから啓発にもなるし、何より、経験したことがベースだと、プレゼンテーションのストーリーが作りやすいと思いました。
(皆さんは、わたしが乳がん経験者だと知っています)

そして情報を確認しようとWebページを開き、いつものように検索を始め、
筋道を考える為にキーワードを抜き出しました。

乳がん
しこり
大きさ
ステージ
マンモグラフィ
超音波検査

などなど

いつも自分がブログに書いたり、検索したり、他の方のブログを読んだりしていて、しょっちゅう目にしている単語ばかりです。
(もう見慣れた単語です)

それなのに。

わたし、動悸がして、頭がクラクラしてきました。

その時の感情がこみ上げてきて、ものすごく悲しくなってしまいました。

わたしは、治療も終えて、ウィッグも外して、身体も心も日常に戻ったつもりでした。

でも、乳がんのことを客観的に捉えて、プレゼンテーションするところまで、心は回復していませんでした。

情けないな…。

まだまだなんだな…。

立ち直れていなかった。

確かにね、ちょうど1年前のことを、よく思い出す日々ではあります。

同じ景色を見ると、あのときの悲しい気持ちを思い出す。

いま元気なんだから、ありがたいよ、と思いながらも。

IMAG4659


#50代の生き方にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

kotorist_ at 21:20|PermalinkComments(0)

2022年09月26日

ショートカットが似合う?

脱ウィッグをして約1ヶ月です。

頭が軽い。

1年ぶりの感覚に、毎日感動しています。

風に吹かれた時の心地よさ。

あっズレちゃうかも?

という心配をしなくていい気楽さ。

それに、片頭痛も減りました。

鎮痛剤と胃薬のセット


そんな今日。

『ショートカット、よく似合いますね!』

と褒めていただきました。

素直に嬉しかったのですが、わたし、好みでショートカット(ベリーショートです)にしているわけじゃないのですよね~。

この髪型しか出来ないなんて、(脱毛の)経験が無かったら、やっぱりピンとこないですよね。

とりあえず頭髪の生命力に感謝している毎日です。

IMAG4603


#50代の生き方にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

kotorist_ at 20:38|PermalinkComments(0)

2022年09月24日

また仕事をさがします

最近、また求職活動を始めました。

罹患前に就いていたコールセンターのアルバイトを辞めたとき、もう仕事はしないかもなぁ、夫の自営業を手伝おうかなと思っていました。

でも、いざ夫の手伝いで会計や何か文書を作ろうとしても、事務員としての実務経験の浅いわたし。

それにその実務経験も、大昔~。

役に立たないダメ事務員確定でした。

ワードもエクセルも、上書き程度は出来るけど根本的なことは何も知らない。

それでもパソコンは使えるし、ちよっとした作業なら出来ます。

それでいいと思っていたけど。

だけど、もう少し、生きている間に!?いや、この先の未来の為に
勉強して、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)を取得しよう、と決めたのが2ヶ月前。

独学ではなく、スクールを受講して、先日ワードとエクセルの試験に合格しました。

これは資格と言えるほどの難易度でもないし、持っている意味があまりない?
とも言われているようですが、わたしにとって、大事なのはそこじゃない、ので、素直に嬉しいし達成感を感じています。

化学療法の直後はまさに『ケモブレイン』
脳に靄がかかっているかのようでした。

勉強したり、パソコンで手先を使ったり、試験に緊張したりして、そんな脳にも良い刺激になったんじゃないかなと思います。

これからどの程度活用出来るのかはわかりませんが、MOS の試験勉強は本当に楽しく出来たので、シニア世代にもお勧めかも、と思います。

IMAG4671

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
#50代の生き方

kotorist_ at 21:55|PermalinkComments(0)

2022年09月19日

ブリーチヘアその後

(ブリーチとカラー)あれから約3週間。

しばらくは、自分のヘアスタイルに慣れなくて、鏡を見るたび『これで良かったのかなぁ』
と思ったりもしました。

そもそも、元がロングだったので、色というよりは、ベリーショートという未知だったスタイルに違和感があったのかも。

最近ようやく見慣れてきたのと、ちょっとずつ伸びてくる髪の毛を感じて、希望?が出てきたような気がします。

同じ乳がん患者同志でも、タイプが違ったら(治療法が違うので)脱毛しない人もいます。

手術で入院したとき、同室だったお二人の乳がん患者さんたちには、しっかりと黒い髪の毛があって…。

あ、そうか。

わたしとは違うのか~

と何だか寂しく感じたのです。

わたしのサブタイプは少数派だと最初に主治医に言われたのを思い出して、妙に納得したのでした。


いまはここまで伸びました。

IMAG4694



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

kotorist_ at 21:59|PermalinkComments(0)