乳がんサバイバーのひとりごと

2022年09月02日

がんサバイバーが言うと重くなる話

友人たちとの何気ない会話の中で

友『今年も誕生日がきたわ。
もう、何歳になるんだろう。
また歳をとっちゃったわよ。』

私『わたしは、今年は、元気に誕生日を迎えられたなぁ、って思うと嬉しかったよ。
だから、XXさんも、お誕生日を迎えられてこと、おめでとう。』

友『そうだよね…。』

し、しまった。

空気を重たくしてしまった。

そんなつもりじゃなかったんだけど。

わたしが言うと、なんか、重いよね、妙にリアル?


また次のシチュエーションでは

友『○○さんて、まつげ長いよねぇ。』

私『そんなことないよ~
でも、まつげも眉毛も全部抜けてたこともあったからね(笑)』

友『…あぁ…。うん、ねぇ。』 

しまった!

ちょっとした笑い話と言うか、エピソードを入れたつもりが、重たくしてしまった。

相手が、どう答えていいのかわからないような事を言っちゃったなぁ、と…。

反省することでもないかな、とは思うけど、自分が思うよりも、がんという病は、周囲の空気を重くするのだと改めて感じた出来事でした。

IMAG4670

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

kotorist_ at 20:02|PermalinkComments(0)

2022年08月27日

1年ぶりの美容院でグレイへアを目指して初ブリーチ

抗がん剤治療が決まって、ロングだった髪をバッサリ切った昨年の8月。

それから、例に漏れず脱毛が始まり、ウィッグのお世話になって1年経ちました。

頭髪はツルツルにはならなかったものの、ほぼ抜け落ちていました。

それが抗がん剤投与が終了後、ポツポツと生え始めた毛髪。

本当に1ヶ月1センチのペースで伸びました。(いま7センチぐらい)

もっと早く脱ウィッグをしたかったけど、前髪が伸びなくて、なかなか『髪型』として成り立つ気がしなかったのですね。

美容院に行ったところで、どこをどう切ってもらう?

行きつけだったサロンの美容師さんは、わたしの治療中、残念ながら退職してしまっていて、新規でお店探しからしなくちゃならずー

なかなかこのボーボーにとっちらかった白髪だらけのバージンヘアをひっさげて、初めての美容院を訪ねる勇気もなくて。

それでももう、ウィッグの窮屈さにもそろそろ限界(暑かったし)。
あの有名なサロン検索のサイトを使って、カラーリングが得意そうなサロンを見つけ、やっと昨日行ってきました。

美容院、1年ぶり。

あー気持ち良かった。

美容院って、髪をカットしてもらうって、こんなに気持ちいいことだったんだ。

ずぅっとウィッグの下で
きっついアンダーキャップに押さえつけられていた毛髪たち。

やっと日の目を見たよ。
解放されたよ~。

この機会にと

人生初のブリーチをしてからのカラーリング(ダブルカラーというらしいですよ)

ブリーチ直後は、よくある金髪になっていましたが、上からグレージュ系カラーを載せてもらいました。


この先は、もう白髪染めは止めて、いずれはグレイへアに移行しようと考えたのです。

ブリーチして黒髪を白くしておくと、次に伸びてくる白髪が目立ちにくいらしいです。

ブリーチの効果を発揮する為には白髪染めを完全に脱く必要があったとかで、今回わたしは、脱毛したおかげでスムーズなブリーチが実現したわけです。

いつか白髪染めのループから脱出したくて、それでも踏ん切りがつかなかったことが、出来てしまった。
(ブリーチしてベリーショートにすること)

何がきっかけになるか分からないものですね。

抗がん剤治療を余儀なくされて
脱毛に悲しんでいたあの頃、わたしは先輩がんサバイバーさんの、脱ウィッグの投稿を読んでは羨ましく、でも頼もしく思って希望を持ったものでした。

ちょっと、お猿さんみたいなんだけど、気に入っています。

hair_kinpatsu_man
これは男の子だけど、こんな感じになりました。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

kotorist_ at 23:17|PermalinkComments(0)

2022年08月26日

さて、これから

現在、わたしの乳がんは、経過観察となり、通院は6か月ごとになりました。
(循環器内科は10月に診察予定なのですが)

現在、無治療なので、さて
この日記のカテゴリをどうしたものか、と考えています。

先輩がんサバイバーさんのブログでも、カテゴリに迷っておられるという内容を時折見かけます。


ただ、治療をしていなくても、がんという病と共存していることに違いはないです。

闘病中、という感じではないけれど、ずっと(がんという病と)伴走している(離れて欲しいけど)というか…。

がんを心のどこかでいつも意識しながら、普通の毎日を綴る日記になっていきそうです。

IMAG4663



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村#50代の生き方 - ブログ村ハッシュタグ
#50代の生き方

kotorist_ at 01:32|PermalinkComments(0)

2022年08月23日

骨粗鬆症予備軍になる

先日の検査で(骨塩定量)わたしの骨密度は同年代と比較して低い、骨粗鬆症予備軍だと診断されました。

まさかのことでした。

骨には自信があったのに。

がんになる前は、筋トレを欠かさなかったので、恐らく化学療法の副作用なんだろうな、と思っています。

この1年、ろくに運動していないことも原因の1つなのでしょうね。

今度は骨密度かー

と、治療が終わっても、なかなかスッキリしないものですね。

がんとは、本当に全身に影響を与える厄介な病だとつくづく思います。

軽い運動を心がけ、カルシウムを摂取すること。

片足立ちとか、ふくらはぎの上げ下げをするだけでも「骨貯金」は増えるのだそう。

骨粗鬆症になると、知らない間に骨折してしまうこともあるのだとか。(背骨の圧迫骨折など)

それは恐い。

最近、腰痛がひどいので、危機感を覚えています。

IMAG4650




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

kotorist_ at 20:13|PermalinkComments(0)

2022年08月12日

再発を認めず

2022年8月12日金曜日

先週受けた検査の結果を聞きに行きました。

タイトルどおり、結果は
『再発を認めず』
でした。

まだ術後半年だし、放射線治療もやりきったし、さすがに再発はまだないよねぇ…。
という希望的観測は、わたしの頭の中で大体8割ほどを占めていました。

でもあとの2割は、まさかの乳がんになった(9人に1人?)ことや、まさかのトリプルネガティブだった(乳がん患者の中での割合は10~20%と言われていますよね)ことを鑑みると
あり得なくもないよなぁ…。

と思っていました。

今日、病院の帰りには、また見える世界が変わってしまうのかも知れないな、とか。

これはネガティブ思考というよりは、現実的な感覚だと思います。

先輩がんサバイバーさんたちは、いつもこの不安を感じているんだろうな。

特に乳がんは、いつまでも再発の可能性があるがんで、何年経ったから安心、ではないのだと。

トリプルネガティブは、ちょっと違うようですが。


『もし再発したら?

薬は、抗がん剤しかありません。

でもね、抗がん剤を使うと、体に負担がかかるから。

そこをどうするか、というところ。

だからね、再発しないように、頑張って治療したんですよ。』

と、主治医先生。

『はーい…。』

診察は、いつものやり取りで終わりました。


次の検査は、来年2月。

その時まで、とりあえず

がんについて、深く考えない時間を大切にしようと思います。

毎回こうして、命のありがたさと、普通の日常への感謝を感じられるようになったのだから、わたしの人生は、まだまだ明るいよ、なんて、思います。

IMAG4636

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

kotorist_ at 11:49|PermalinkComments(0)