日常

2022年08月27日

1年ぶりの美容院でグレイへアを目指して初ブリーチ

抗がん剤治療が決まって、ロングだった髪をバッサリ切った昨年の8月。

それから、例に漏れず脱毛が始まり、ウィッグのお世話になって1年経ちました。

頭髪はツルツルにはならなかったものの、ほぼ抜け落ちていました。

それが抗がん剤投与が終了後、ポツポツと生え始めた毛髪。

本当に1ヶ月1センチのペースで伸びました。(いま7センチぐらい)

もっと早く脱ウィッグをしたかったけど、前髪が伸びなくて、なかなか『髪型』として成り立つ気がしなかったのですね。

美容院に行ったところで、どこをどう切ってもらう?

行きつけだったサロンの美容師さんは、わたしの治療中、残念ながら退職してしまっていて、新規でお店探しからしなくちゃならずー

なかなかこのボーボーにとっちらかった白髪だらけのバージンヘアをひっさげて、初めての美容院を訪ねる勇気もなくて。

それでももう、ウィッグの窮屈さにもそろそろ限界(暑かったし)。
あの有名なサロン検索のサイトを使って、カラーリングが得意そうなサロンを見つけ、やっと昨日行ってきました。

美容院、1年ぶり。

あー気持ち良かった。

美容院って、髪をカットしてもらうって、こんなに気持ちいいことだったんだ。

ずぅっとウィッグの下で
きっついアンダーキャップに押さえつけられていた毛髪たち。

やっと日の目を見たよ。
解放されたよ~。

この機会にと

人生初のブリーチをしてからのカラーリング(ダブルカラーというらしいですよ)

ブリーチ直後は、よくある金髪になっていましたが、上からグレージュ系カラーを載せてもらいました。


この先は、もう白髪染めは止めて、いずれはグレイへアに移行しようと考えたのです。

ブリーチして黒髪を白くしておくと、次に伸びてくる白髪が目立ちにくいらしいです。

ブリーチの効果を発揮する為には白髪染めを完全に脱く必要があったとかで、今回わたしは、脱毛したおかげでスムーズなブリーチが実現したわけです。

いつか白髪染めのループから脱出したくて、それでも踏ん切りがつかなかったことが、出来てしまった。
(ブリーチしてベリーショートにすること)

何がきっかけになるか分からないものですね。

抗がん剤治療を余儀なくされて
脱毛に悲しんでいたあの頃、わたしは先輩がんサバイバーさんの、脱ウィッグの投稿を読んでは羨ましく、でも頼もしく思って希望を持ったものでした。

ちょっと、お猿さんみたいなんだけど、気に入っています。

hair_kinpatsu_man
これは男の子だけど、こんな感じになりました。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

kotorist_ at 23:17|PermalinkComments(0)